メタボ予防ダイエット

発芽玄米で痩せる

発芽玄米ダイエット

flour21.jpg

発芽玄米ダイエットとは、毎日の食事の中に発芽玄米を組み込むことで体重を減らす方法です。発芽玄米ダイエットが最近人気がある理由は、食事量を特に減らす必要がないことです。ほとんどストレスがないという点も嬉しいところです。
ダイエットといえば、摂取カロリーを減らして脂肪の蓄積を抑えるため、食事の量を減らすのが定番です。脂ものや揚げ物、甘い食べ物を減らすこともダイエットでは基本事項とされていますが、発芽玄米ダイエットはその制約はありません。
ただしダイエットをしようとしているのですから、発芽玄米を食べているからといって、たくさん食べてよいと言う物ではありません。しかし、あえて食事量を大幅に抑えずとも、白いご飯の代替品として発芽玄米を摂取していれば体重を減らすことができます。
ダイエットをするとストレスが多くて長続きしないという人は少なくありません。ダイエット時には様々なストレスがあります。空腹をこらえたり、苦手な運動をしなければならなかったり、好物を我慢するなどのストレスです。様々なストレスが積み重なって、ダイエットをする意欲をくじいてしまいます。
運動は特に必要とされておらず、食事は主食を発芽玄米にするだけでそれ以外いつも通りなのでストレスが貯まりにくいのです。発芽玄米ダイエットは空腹や好きなものを食べれない、運動などのストレスがほとんどなくダイエットすることが出来るわけです。


発芽玄米がダイエットに役立つ主な理由は、発芽玄米に代謝を高める作用があることです。
1日に使うカロリー量の約7割を占める基礎代謝は、じっとしていても体温維持や臓器の活動など最低限人体が必要とするカロリーです。
ダイエット効果が出やすい人とは、代謝効率が良く、基礎代謝の高い体質の人です。代謝が高ければカロリーは自ずと使われていきます。
発芽玄米を食べていると、白米などを食べている人に比べて基礎代謝が増えるのは、発芽玄米が糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑える働きがあるためです。すぐに糖が吸収されないことでエネルギーを必要とした体は、脂質を燃やす機能を高めるようになります。
血中の中性脂肪を調整する効果もあるため、メタボや生活習慣病を未然に防ぐことにもつながります。内臓と内臓の間に脂肪がたくさんできてしまうと、メタボになりやすくなります。内臓脂肪が貯め込まれている人は、生活習慣病の危険性が高いといいます。
また発芽玄米には植物繊維が豊富に存在しているため、ダイエット効果だけでなく、便秘の解消にも効果があると言われています。食
事量を減らすよくあるダイエットは、食事の量が減る影響で便秘がちになるといわれています。発芽玄米はたくさん食物繊維が含まれており、満腹感もあり便秘にもなりにくい為、ダイエットに効果的な食品となっています。


発芽玄米ダイエットの方法ですが、基本的には発芽玄米を1日のうち1~2回ほど食べます。
玄米のようにぼそぼそ感も固さもないので、発芽玄米ダイエットはたいていの人がすんなりと馴染むことができます。
発芽玄米を100%にしなくても、白米と1対1ぐらいの割合でも十分にダイエット効果があるといいます。白米と発芽玄米を一緒に炊いて、試しに食べてみるといいでしょう。
ダイエット時の苦しい空腹感もほとんどなく、ダイエットをすることが出来ます。また、発芽玄米にはギャバが豊富に含まれているため、ダイエット時のストレス緩和になります。
どうしても発芽玄米の味が好きになれないなら、2回のうち1回だけを発芽玄米だけのご飯にします。主食に合わせる副菜に関してもダイエット効果を考慮すると、効果を高めることができます。
発芽玄米をおかずや副菜と共に食べることで、エネルギー吸収をゆるやかにできます。
おかずだけの食事より、発芽玄米も食べるおかずの方がダイエットでは好ましいようです。
リバウンドの心配が少ないことも、発芽玄米ダイエットの魅力的な点です。
カロリー制限によるダイエットはダイエット後にリバウンドしやすいですが、発芽玄米ダイエットはリバウンドするほどカロリー制限をしません。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional